So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

快挙。 [独り言]

もう、昨日から今日にかけて話題はピョンチャンオリンピック男子フィギュアスケートの

金メダル・銀メダルの羽生結弦選手と宇野昌磨選手のことだと思います。

自分もテレビの生中継で見ていて感動しました。特に羽生選手は同じ東北の出身ですし、

足の怪我から何か月も経っていないということを考え合わせると喜びも一入。

おじさんになると涙腺が緩んで、思わず涙が・・・。


自分は昔からスポーツ音痴なもので、自らやることはありませんが、見るのは好きです。

特にオリンピックは、色々なスポーツがまとめて見れるので毎回楽しみにしています。

物心がついて初めて見たのが1972年の「札幌オリンピック」。

もちろんテレビでですけどね。笠谷・青地のジャンプも良かったけど、一番気に入ったのは

フィギュアスケート。当然、女子の方ですけど・・・。

中でも3位になったアメリカの「ジャネット・リン」が大好きになりました。

転んでも失敗しても笑顔を絶やさず、健気に滑る姿に惚れてしまいました。

あれから46年。懐かしい話です。


話を戻しますが、上位3人の滑りは素敵でしたが5位に終わったアメリカの「ネイサン・チェン」。

4回転ジャンプを5回成功させて、技術点トップながらメダルに届かなかった。

ソチの浅田真央選手と同じと言われているが、正にあの時を見ているよう。

ある意味「開き直り」が必要なのかな(勿論技術が伴わないとダメですが)。

何と言っても4年に一回の大会ですからね。そこに照準を合わせてくるのは並大抵の気持ちでは

できないでしょう。そこで思い出すのは、スノーボードハーフパイプの「ショーン・ホワイト」。

何年か前に初めて名前を聞いたときは既にスノーボード界のスーパースターだった。

今回怪我を乗り越えての大会だったが、大逆転の金メダル。平野歩夢選手は残念だったけど、

あのテクニックなら文句なしでしょう。


あと批判を覚悟で言いますが、ジャンプの葛西選手。「もう後進に道を譲ったらどうですか」

確かに8回のオリンピック出場はすごいことだと思いますが、レジェンドと言われて鼻膨らまして

いるよりメダル確実な選手を育てて「やっぱり葛西は、レジェンドだったね」と言われた方が

いいと思う。北京なんて言わないよね。


この後もカーリングやスピードスケートなどメダル期待の競技が控えてる。

最後まで4年に一回の大会を楽しみたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

引退 [独り言]

最近、引退する人が多くなってきたような気がする。

というか、引退表明する人が増えたと言った方がいいか。

その中に「ポール・サイモン」もいる。

「ポール・サイモン」と言えば「サイモン&ガーファンクル」のメンバー。

若い人には「サイモン&ガーファンクル」と言ってもピンとこない人が多いと思う。

1960年代から活躍したアメリカのデュオである。

有名なところでは「サウンド・オブ・サイレンス」「ボクサー」「明日にかける橋」等々

たくさんのヒット曲を出した。

自分も生まれて初めて買ったレコードが、「サイモン&ガーファンクル」の「アメリカ」という

曲であった。プレーヤーも無いのに、思わず買ってしまったくらい惚れ込んだ一曲だった。

当時、テレビで海外のベストテンを紹介する番組で聴いたのが最初だと思う。

60年代から70年代にかけては、洋楽は「ビートルズ」全盛期であったが、自分はフォーク系の

「サイモン&ガーファンクル」の方に熱中した。高校でジャズに出会うまでは、フォークばかり

聞いていた。国内のフォークも聞いていたが、その頃のアイドルは「サイモン&ガーファンクル」

だった。それにしても、「ポール・サイモン」の引退は寂しい。自分だけ年を取るわけじゃない。

世の中平等に年老いていくのは避けられないものな。

しばらくぶりに「サイモン&ガーファンクル」の曲を聴いて70年代に戻ってみようか。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「ごぐにぼ」 [食べ物]

長尾中華そばに久しぶりに行ってきた。

店に入ると強烈な煮干しの香りが押し寄せてくる。

今日のオーダーは・・・「ごぐにぼ」。

IMG00132.JPG

「ごぐにぼ」とはおそらく(煮干しの美味しさを極めた)ということの略(極煮干し)かな。

濃厚な豚骨煮干し出汁に太麺を入れ、さらに細かく砕いた煮干しを大量に入れるといった

煮干しラブの人たちにとって夢のような一杯ではなかろうか。

元々は、裏メニューとしてあったらしいが今は限定でメニューにも記載されている。

「あっさり」「あっこく」「こく煮干し」等、麺の太さも選べたりしてなかなか楽しめる。

まだ全部制覇はしていないが、ぼちぼち挑戦してみようと思う・・・けど最強の「ごぐにぼ」の

美味しさを覚えてしまった舌が「あっさり」に戻れるだろうか?ちなみに、「ごぐにぼ」は麺を

選べません。太麺一本勝負という感じです。逆に太麺じゃないと濃厚な煮干しに負けてしまう。

長尾中華そばは全国のラーメン博やデパートの催事なんかにも出店しているようなので、青森以外

にもご存知の方が多いのでは。ぜひ一度、青森濃厚煮干しラーメンをお試しあれ。

なんだか長尾中華そばの宣伝みたいになってしまったけど、他にも美味しい濃厚煮干しラーメンを

味わえる店が多数ありますので、おいおい紹介していきたいなと考えています。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の3件 | -