So-net無料ブログ作成
検索選択

ネットで本を買う。 [本]

最近めっきり本屋に行かなくなった。

携帯をスマホに替えてから、ネットで本を買っているからだ。

良い点、悪い点それぞれあると思うが、本屋のメリット。

立ち読みができる。本の匂いを飽きるほど堪能できる。

探すのもいらいらしなくて済む。

デメリットは、立ちっぱなしだと疲れる。

余計な本を買ってしまう。時間を忘れてしまう。

ネットで買うメリットは、現金がなくても買える。

重くない。しおりとかも自動で挟んでくれる。

破れない。汚れない。字の大きさを自由に変えられる。

デメリットは、前のページに簡単に戻れない(読み返しにくい)。

時々画面が固まる。その逆で、勝手にページが飛んでしまう。

両者、良いところと悪いところ色々あるもんですね。


でも本当に本屋で本を買う機会が減ってしまった。

CDなんかもネットでダウンロードできるから売れ行きが悪いそうだ。


ところで、お笑い芸人の又吉直樹が芥川賞を獲得したそうだ。

太宰治の大ファンだそうで、先月も金木町の斜陽館に来ていたみたいだ。

又吉の受賞作は読んでいないが、共作で書いた自由律の俳句の本は読んだことがある。

思ったことを自由にパパッと書いて、またこれが深い意味を持った文に出会うと

思わず顔が綻んでしまう。タイトルもそそるしね。


カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)




なかなか面白そうでしょ。

で、まさかの芥川賞受賞。おめでとうさんです。

受賞作「火花」は、ほとぼりが冷めてから読んでみようと思います。

さて、紙にするかスマホで読むか、大きな問題です。

文庫になったら考えよう。

おやすみなさい。

タグ: 芥川賞 又吉
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

あまちゃん、再び [本]

「あまちゃん」が終了して3か月。未だに「あまロス」が続いていた。

DVDを買えればいいのだが、懐が寂しくてなかなかふんぎれない。


そうこうしているうちに朗報が。

なんとシナリオ集が刊行されるというのだ。

待ちに待って、このたび手に入れました。1部・2部同時購入。

2冊で3570円。まっ、DVDよりはリーズナブル

読んでわかったのだが、完全シナリオということで放送でカットされた場面も読めるのだ。

これはお得。


実をいうと4月の放送は見ていなかったので、ここの部分を読むのも楽しみだったのだ。

見てから読むという形になったため、登場人物が喋っているのを想像しながら読むことに

なるのだが、これ以上はないというキャストだったので頭の中で変更しなくてもいい。

と言うのも、映画でもドラマでも見てから読むというのが結構ある。

そんな時、キャストが気に入らない場合自分の好きな俳優を頭の中で置き換えて読んだりする。

でも「あまちゃん」に関してはその必要がなかったのだ。

宮藤官九郎氏がキャストを決めて書いたとしか思えないほどの出来栄え。(そうなのかもしれない)


とにかく、それこそ重箱の隅をつつくように読める(変な表現?)。

これが手に入ったからには「あまロス」ともおさらばである。


もったいなくて毎日少しずつ読んでいる。


やはり続編は書くべきですね。


JJJ再び。



NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第1部 (単行本)

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第1部 (単行本)




NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第2部 (単行本1(5000円未満))

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」完全シナリオ集 第2部 (単行本1(5000円未満))

  • 作者: 宮藤 官九郎
  • 出版社/メーカー: 角川マガジンズ
  • 発売日: 2013/11/30
  • メディア: 単行本



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「出口のない海」 [本]

戦記物が続きますが、これも太平洋戦争で特攻と言われた人間魚雷「回天」の物語。

作者は「半落ち」でも有名な横山秀夫さん。

こちらも資料を使っていますが、「永遠の0」ほどは、くどくない。

というよりもこれぞ小説という感じで、読み始めたら最後まで止まらない。

そして、・・・泣ける。

主人公こそいいとこのお坊ちゃんで甲子園優勝投手というなんかありがちな人物像だが、

敵対する競走部(陸上部)の北という人物がこの時代大多数を占めるであろう役回りで

共感が持てた。


戦地に赴くとなったら死は覚悟しなければならないわけだが、助からない訳ではない。

しかし、特攻となると飛行機にせよ魚雷にせよ死ぬことは当たり前なのである。

そんな時の人間の気持ちとは、もちろん本人にしかわからない訳だが、作者は

その気持ちをこれでもかというほど書き込んでくれる。


たまたま機器の故障で目的を達することができず、帰還してくると待っているのが

上官の鉄拳制裁。なんと理不尽なことだろう。

でも、あの時代は当たり前の事だったのだ。


国のために見事に敵艦隊を撃沈し、命を捧げるというのが帝国軍人。

今の時代、理解不能。違う人種。

だけど、同じ日本人なんだよね。

確かに意識が違うだけで、話す言葉も顔だちも日本人なんだよね。


自分も生まれたのが終戦後十数年。復興が早かったのか戦争の傷跡みたいなものは

あまりなかったが、今よりは人間関係が良かったかなあと感じる。

昭和の、そう「三丁目の夕日」時代そのもの。

隣近所も良きにつけ悪しきにつけ、干渉しほうだい。

悪さをすると知らない大人にも叱られる。

気骨のある人が多かった。親もやいのやいの言わない。


それでも、何もなかったけど楽しかった。

皆貧乏。ズボンに継ぎあてなんて当たり前。

鼻の下は青っ洟でづるずる。でも、皆元気で楽しかった。

良かったなあ、あの頃に戻りたい。


本の話をしていたんですね、なんか昔に戻ってしまいました。

でも、戦争時代までは戻りたくないですね。

これからも、平和な時代が続きますように・・・。



そう言えば、この本を見つけたのは本屋ではない。

音楽から・・・。

竹内まりあさんの「返信」という曲を聴き、すごく悲しいけどいいなあと思ったのが最初で、

その曲は映画「出口のない海」の主題歌だった。

どんな話なんだろうと思ったのがきっかけでした。 



出口のない海 (講談社文庫)

出口のない海 (講談社文庫)




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。