So-net無料ブログ作成

早起きは、三文の得となったか。 [写真]

何年も前から早朝の秋の蔦沼を訪れたいと思っていましたが、今回天気と休みと紅葉具合と三拍子

揃ったので、意を決して行って来ました。

午前4時起床。4時30分頃には出発。まだ真っ暗です。

夜の山道は不気味ですね。増してや雪中行軍の亡霊が出ると噂の田代平経由で行ったもので(-_-;)。

1時間半で蔦沼到着。今の今まで何にもなかった路上に50台以上の車が駐車していた。

「ゲッ!止める場所がない」と思いましたが、何とか隙間を見つけて駐車。

時間は日の出まであと10分。蔦沼のデッキまでと急ぎ足。

見えてきた。と、

DSC_0558.JPG

100人はいるであろうカメラマン(ウーマン)達で、ごった返しているではないですか。

話し声は、中国語のみ。やっぱりチャイナ・コリアはどこにでも出没する。

もうデッキの上で撮影するのは諦め、脇の林の中へ。

DSC_0531.JPG

水面は穏やかで波はない。絶好の撮影チャンス。

DSC_0540.JPG

自分の後ろから少しずつ太陽の光が差し込んでくる。

DSC_0573.JPG

おお、何回も人様の画像で見た光景が目の前に広がっている。

DSC_0571_01.JPG

ついに待ちに待った神々しい自然美。早起きしてきて、良かったあ。

もう、思い残すことはございません。満足・満足。

バシャバシャとシャッター音がすると思いきや、意外にパシャ…パシャと言った感じ。

これは、実際に見るべき風景です。写真もいいけど、この光景を前にしたら言葉にならない。

気が付くと2時間近く時間が過ぎていた。



このまま帰るのももったいないので十和田湖まで足を延ばしてみた。

奥入瀬渓流も通ったけど、ここはまだ早いかな。

自分的には奥入瀬は若葉の茂る春がいい。秋は葉が枯れ落ちてしまって、うら寂しい雰囲気。

さて、十和田湖。どれ、時間もあるし、ぐるり一周してみるべい。

DSC_0582.JPG

滅多に通らない御鼻部山展望台。逆光で厳しかったが、新鮮な景色。

いつもは反対の休屋方向から見るだけなのに。


少し、休憩してから休屋へ。

DSC_0604.JPG

経営が厳しいと聞いていたが、遊覧船はまだ営業していました。

船と航路は少なくなっているようです。自分事ですが、遊覧船に乗ると5分と経たず寝てしまい、

景色を見た記憶が全くない。なので、今日も乗りません。

DSC_0598.JPG

やはり十和田湖の紅葉はあと10日ほどかな。それにしても、月曜日とは言え、ここ休屋の閑散

とした雰囲気はどうだ。20年前には、観光客で溢れかえっていたのに・・・。

土産屋の看板には「歓迎 中国・韓国・台湾の方」とある。

日本人は来ないのか。これじゃ、廃れていく一方だ。

DSC_0590.JPG

最後に、何十年ぶりかで「乙女の像」を見て、休屋を後にした。

帰りも奥入瀬渓流沿いを来たが、帰りは車でごった返していた。観光バスが多い。

乗客は、勿論アジア系の人々だったが。まあ、この人達のおかげで青森県も助かっているのですが。



DSC_0605.JPG

情報ですが、八甲田山は山頂・中腹が既に落葉。山麓が見頃です。

これから少しずつ下に降りて行って、中野もみじ山や弘前公園が見頃になるはずです。

11月の上旬ですかね。その頃にはまた行ってみようとは思っていますが。


今日は、蔦沼の見事な光景が見れたので大満足です。
nice!(4) 
共通テーマ:地域

nice! 4